酵素ドリンクとグリーンスムージーはどちらが痩せますか?

グリーンスムージーと酵素ドリンク、この二つはどちらもダイエット効果があるという事で芸能人たちが挑戦し話題となっているドリンクです。

それぞれについて簡単に説明をすると、グリーンスムージーは緑の葉野菜と果物、それに水を加えてミキサーで混ぜ合わせて作るドリンクであり、他に余計なものは入れないで作ります。

それに対して酵素ドリンクの場合は野菜や果物、野草などからの抽出成分を発酵させる事によって作られるドリンクです。

また、グリーンスムージーの場合は粉末状のものが市販されていますが、材料はスーパーなどに行けば簡単に購入する事が出来るので自作するのも比較的簡単であり、自分で味の好みに応じて調整したりする事も出来ます。

また、自分で作れば新鮮な野菜や果物を摂取する事が可能です。

それに対して酵素ドリンクの場合は発酵させる必要がある事からもグリーンスムージーよりも作るのには手間が掛かり、自作するというのは一般的な家庭では難しいです。

以上が二つのドリンクについての簡単な説明となりますが、それではこの二つではどちらの方がダイエット効果があるのかというと、それについては残念ながら一概には述べる事が出来ないです。

どちらもダイエットに成功している人も大勢いて注目されている方法ではあるのですが、これさえ用いれば必ず痩せる事が出来るというのではなく、どちらに関しても全然効果が無かったという人もいます。

これらのドリンクはどちらも色々と栄養素が詰まっているので美容や健康に良くてダイエットをする際にも役立つと言えるのですが、ダイエットをする際には自分自身で努力をする事も忘れてはならないです。

努力というのは単にこれらのドリンクを飲めばよいというものでは無く、いくら置き換えをして摂取カロリーを抑えたり、酵素や栄養を補う事で代謝機能の改善効果があったりしても、間食をしたりするなどで摂取カロリーよりも消費カロリーの方が少なければ太ってしまう可能性も十分にあります。

そして人によっても合う合わないがあるので、どちらの方がダイエットにより優れているという事は自分で試してみて合うか合わないかを確かめてみる必要があります。

例えば、本気で痩せたいという気持ちがあるのであれば短期的に痩せるよりも継続して続けていく事も考えなければならないです。

その際にいくら痩せられるといっても味が美味しくなければ続けていくのは苦痛であり、色々な味が販売されているので、出来るだけ自分の好みに合う味を探す事も大切です。

また、健康面を考えれば保存料や着色料などが含まれていないかどうかという事も気にした方が良いです。

当然健康の事を考えれば無添加の方が良いですが、市販品だと保存料などが含まれているケースもあります。

無添加にこだわるのであれば、市販品でも注意深く探せば対処は出来ますが、それよりも自分で直接作ってしまった方が新鮮であって安心です。

そう考えると、自作する事が難しい酵素ドリンクよりも簡単に自作する事が可能なグリーンスムージーの方が安心して飲む事が出来ます。

先ほど述べた味についても、自分で好みの味を作るという点ではグリーンスムージーの方が色々と調整が出来ます。

その一方で酵素ドリンクの場合は、製品によっても数が異なりますが、豊富な種類の野菜や果物、野草の栄養素を摂取する事が出来て、自作のスムージーではお金もかかりますし豊富な種類を一度に摂取するという訳には行かないです。

このようにどちらにも優れている点などがありますが、いずれにしても両方とも痩せるための補助的な役割を果たすに過ぎないです。

そのために両者の特徴を踏まえた上で、自分の好みに合っている方を選択するのが良いです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。