ED治療の際の薬の服用方法について

ED治療も家庭も順調

ED治療薬を詳報されました / 帰宅して早速ED治療薬を服用 / ED治療も家庭も順調

おかしいと思い、書籍やインターネットで調べたところ、お酒と一緒に服用すると効果が薄れると記載されていました。
確かに食事中にお酒を飲みました。
それが原因だったのかと思い、その次の日は食事中にお酒を飲まず、ちゃんと食前にを服用して今度こそはという気持ちでいました。
徐々に身体がのぼせるような感覚になってきました。
おそらく全身の血行が良くなってきているからだと思います。
この、ややのぼせた感じがサインなのかなと思い、妻と行為に及ぼうとしましたが、また下半身に元気がありません。
これはおかしいと思って数時間考えていました。
妻が寝た後、試しにセクシーな映像を観てみようと思い、セクシービデオを鑑賞しました。
すると、下半身が元気になってきました。
嬉しさと同時に驚きがありました。
なぜいきなり下半身が元気になってきたのか不思議でした。
原因が分からないので、しばらくそのまま薬を服用し続けました。
そして、いつもなら服用して食事をとって、妻と行為に及ぶという流れだったのですが、その日だけ所用があって、食事から妻と行為に及ぶまで時間が空きました。
すると、行為に及ぶ際に下半身が元気になってきたのです。
これで原因が分かりました。
服用してから下半身が元気になるまで、タイムラグがあるということです。
即効性のあるものだと思い込んでいましたので、この発見をした際は嬉しかったです。
そして、半日ほど効果は持続しました。
行為は毎日はしませんので、行為をする日は数時間前に薬を服用するようにして、タイミングを合わせられるようになりました。
現在はED治療も順調に進んでおり、下半身も元気を取り戻しつつあります。